八丈島

7日の金曜日夜発の船で八丈島へ行ってきました。
船は超満員です。
甲板に寝袋もってきて寝てる人たちもいるんです。小学生たちの遠足か合宿のような団体さんも甲板です。

八丈島へ到着したときは雨だったのですが、だんだん晴れてきました。
観光案内所で相談してるうちに、ついでだからと植物園まで送ってもらえたんです。

植物園ではちょうどガイドさんが案内するツアーがあるとのことで参加してみました。
植物はもちろん歴史や島のいろいろなことを解説してもらいました。
昼食はあしたばのてんぷらをいただきました。
スーパーや雑貨店などをのぞいたり、資料館では島の歴史を学びました。
 
夕方の空港

ペンションの朝食

帰りは波が荒いので御蔵島へは止まれなくなりました。
御蔵島でイルカと遊ぶ予定のお客さんたちは急きょ、三宅島へと予定変更したそうです。
 

,,,,,,,,,,,

軽井沢

 早朝暗いうちから門前通りを散歩しながら善光寺へ。

小学生の男の子たちも週1回早朝参りをやってるとのこと、学校のことやいろいろお話できました。

長野駅9時過ぎ、しなの鉄道軽井沢へ。
電車の中では小諸へ遠足に行くという小学2年生たちとたのしい会話
をしながら交流ができました。


約1時間半で終点軽井沢へ到着。
アウトレットを見て回って2時に西武バスで東京へ。

 

長野の旅

高速バスで長野の旅へ。
東京駅AM9:00~  PM2時過ぎ 長野 到着
信毎を訪問。
夫の祖父のことや小口君のことなど話ができてとても有意義な訪問になりました。
そのあと今夜の宿ゲストハウス「1166バッグパッカーズ」へ。
古い民家をリフォームした宿だそうです。
世界中から来たお客さんたちが残していってメッセージボード。
それぞれの国のコインや紙幣や写真などが貼ってあります。
チェックアウトしてからお客さんたちのおしゃべりの輪にいれてもらいました。
福井でゲストハウスをやってるオーナーの方、富山の井波で活躍してる彫刻家さん、
オーストリアからのお客さんなどなど多彩な方々が滞在中でした。

夕食をとるために権藤商店街に行きました。
中心にある映画館入口の角にある「とがくし」というそばやさんが気になって入ってみました。
壁にはたくさんの芸能人たちの色紙が。
女主人のおばさんといろいろな話ができて楽しかったです。
戸隠から取り寄せてるそば粉を使って店で手打ちしてる蕎麦だそうです。
天ぷらそば、、とってもおいしかった!
いかの入った漬物がまたとても珍しかった。

夕食後、商店街や大通りをぶらぶらしながら銭湯へ。

 

18きっぷで小田原へ

小田原駅前で朝食を済ませてから松永安左衛門邸まで40分くらいかけて歩きました。
10年くらいまえに市の講座で安左衛門の勉強会がありその一環としてバス旅行に来て以来です。
 
 TVの撮影が行われてたので邸宅には入れませんでした。
資料館では新しい発見がありました。
 
また歩いて小田原城へ。
 
 
 
まだ時間もあるしと思って夕方熱海に向かいました。駅まえの商店街をのぞいてすぐにとんぼ返りで帰ってきました。

房総一周 

18きっぷで房総半島一周することにしました。
朝急に雨が降ってきたので迷ったのですが、電車に乗ってるだけでもいいしと思って
出かけることにしました。
東京駅 AM7:50ころ出発
1時間足らずで千葉駅着。
内房線回りでいくことにしました。
雨はやんで晴れ間が広がってきました。
館山10:55着。降りて海岸線まで行き2時間くらいぶらぶら。

安房鴨川駅にはミニ水族館が。

ぐるっと一周して振り出しの千葉駅には16時ころに戻ってきました。

...

青春18きっぷの旅

25日の夜からムーンライトながらで、永平寺 東尋坊を回ってその夜京都から夜行バスで帰ってきました。
電車の中ではみなさん18きっぷの旅を楽しんでるかたばかりなので、みなさんの体験談を聞かせてもらいました。
雨の中の永平寺

 東尋坊


  
この公衆電話は自殺者を救う活動してるボランテアの方々が配慮してくれてるものでした。十円玉数枚やタバコなどが置いてあり、生きる希望を与えるような詩や情報なども貼ってあります。
活動の中心となってるおじさんがやってるお店でお茶をいただいてお話しを聞いてきました。
永平寺から東尋坊に向かうバスの中で出会った女子高生と話してたら彼女が住んでる芦原温泉を案内してあげると言ってもらえたのです!
思いがけないお言葉に甘えて急きょ予定変更して東尋坊の帰りに芦原温泉に降りることにしました。


温泉街を歩き、駅前の公園では魯迅と藤野先生の銅像を見たり、足湯につかり疲れをいやしました。
 屋台村で軽い食事をとってお別れしました。